迷惑メール対策の基礎知識

迷惑メール

迷惑メールっていうのは不特定多数に大量に送りつけられるもの、いつ自分の手元にやってくるかわからないものだから、無関心ではいられないぜ!その性質を十分に知り、対策をとることが大事なんだぜ。ここでは迷惑メールの性質について紹介する。

迷惑メールとは

何をもって迷惑メールと定義するかについては、いろいろな定義がありますが、ここでは広義の迷惑メールを大きく分けて、「スパムメール」と「ウイルスメール」とふたつに分類します。

スパムメール

スパムメールとは、広告や虚偽の内容を送り、インターネット上のサイトにアクセスすることを誘導したり、別の誰かに同じメールを遅らせようとしたりするメールです。これには、受け取った人間のアクション等により、個人情報などを収集しようとする目的があり、結果、不正な請求を求められるということがあります。容易に誘導されてしまわないようにすることが大事です。

ウイルスメール

ウイルスメールとは、添付ファイルなどにコンピュータウイルスを仕組んだメールのことで、受け取った人間のパソコンをウイルスに感染させることを目的としたものです。ウイルスに感染したパソコンは、単純に壊れてしまったり、自分の持っている個人情報を誰かに送ったり、パソコンを乗っ取られて別の誰かにウイルスを送信したり、攻撃したりする危険性があります。ウイルスは自分だけでなく、他人にも被害が及ぶこともありますので、ウイルス対策はインターネットをする上でのマナーともいえます。十分に注意しましょう。

迷惑メールを受け取ってしまったら

迷惑メールと思われるメールを受け取ってしまったら、第一に、どんな内容でも真に受けないということを心がけましょう。

当然、すぐに削除してしまうのが良策です。悪質な業者は他人の弱みやコンプレックスの解消、お金儲けの話など、言葉巧みに誘惑を仕掛けてきます。それだけではなく、脅迫まがいの内容であったり、あるいは、ふっと気を抜いたところに罠をしかけたり、様々な方向からあなたの個人情報を狙っているのです。悪徳業者のいかなる言葉にも誘導されてはいけません。

尚、詳細については、別ページ「受け取った迷惑メールの対策」にて紹介しています。

受け取った迷惑メールの対策

なぜ迷惑メールが送られてくるのか

なぜ、悪質な業者に自分のメールアドレスが知られてしまうのでしょうか。その出所は大きく分けて2つが考えられます。

ひとつは、インターネット上の情報から無作為に吸い出されていることです。これは、例えばウェブサイト上にメールアドレスを公開したり、あるいは何かのサービスを利用するときに登録したメールアドレスだったりします。こういったものが不正に集められた、または不運な事故で流出したりしてしまった、などで悪徳業者に渡ってしまう場合です。こういった無作為なメールアドレスのリストは数千件、数万件以上の単位で取引されていると言われています。

メールアドレスは自動生成?もうひとつは、ランダムにアドレスを生成して送るというものです。ランダムに作ったメールアドレスは実在するかどうかわかりませんので、業者はそのメールが使われているかどうかを確認する為に、返信を求めたり、URLに誘導したり、と迷惑メールに罠をしかけています。このように、悪質な業者は無差別に大量の迷惑メールを送っているのです。

これらの事情により、あなたのもとへ迷惑メールが送られてしまうのですが、その予防にはどうすればよいのか、別ページの「迷惑メールを受け取らない為の対策」にて紹介しています。

迷惑メールを受け取らない為の対策

ページ先頭へ戻る

【迷惑メール対策】
迷惑メール対策の基礎知識 | 受け取った迷惑メールの対策 | 迷惑メールを受け取らない為の対策
メッセージルールを活用した対策 | 送信者で振り分ける | 件名で振り分ける | メッセージ本文で振り分ける
送信者を禁止する | メール設定(セキュリティ設定part1) | Outlookセキュリティ設定part2
無料ウィルスソフトなどを活用する | OP25Bについて | フィッシング詐欺について | ワンクリック詐欺について
迷惑メール関連用語集