メッセージルールを活用した対策

迷惑メール

Windowsに標準で入っているメールソフトがMicrosoft Outlook Express(アウトルックエクスプレス)よ。ここではOutlook Expressのメッセージルール機能を使った迷惑メール対策方法をご紹介するわ。
(尚、画像や操作手順は「Microsoft Outlook Express 6」のものとなっております。バージョンによりレイアウトが違う場合もありますがご了承ください)

メッセージルールとは

メッセージルールとは、受信したメッセージに対して、差出人や内容などから特定の条件をつけて、条件を満たしたメッセージに対して特定の処理を自動で行なう機能のことです。メッセージルールは複数個登録できます。例えば、Aさんから来たメールは受信トレイではなくあらかじめ作っておいたAさんのフォルダに移動したり、件名や本文にある単語が含まれていたら、そのフォルダに移動させたりということができます。

迷惑メール対策のみでなく、仕事でのメールの振り分けや利用しているサービスからのお知らせメールをフォルダに移動するなど、様々な用途に使える機能ですのでぜひ憶えて活用してみてください。

メッセージルールの設定方法

メッセージルールの設定には「ルールの新規作成」と、もしくは「メッセージから作成する」という方法があります。どちらも結果的には同じメッセージルールとして扱われますので、どちらか自分の設定しやすい方を選ぶとよいでしょう。

メッセージルールを新規作成する

ルールを1から自分で設定する方法です。あらかじめ、どのような条件でどのような処理(アクション)をするかを考えてから設定するのが良いでしょう。

STEP 1

ツール、メッセージルール
上部メニューの[ツール]の中に[メッセージルール]という項目がありますので、その上にマウスカーソルを持っていきます。

STEP 2

ツール、メッセージルール、メール
[メッセージルール]にマウスカーソルを合わせると、さらに右にメニューが出てきます。その中から[メール]を選んでクリックしてください。

STEP 3

メッセージルール管理画面、新規作成
ポップアップでメッセージルールの管理画面のウィンドウが表示されますので、そこから[新規作成]を選択します。

※初めてルールを登録する場合は、STEP 3の画面は省略され、すぐにSTEP 4ルール設定の画面になります。

STEP 4

新規メッセージルール設定
新規メッセージルールの設定画面となります。「1.ルールの条件を選択してください」と「2.ルールのアクションを選択してください」の中から設定したい項目をチェックボックスで選んで、「3.ルールの説明」で詳細を決めます。「4.ルール名」では、後で見たときに目的がわかりやすい名前を決めるとよいでしょう。

[OK]を押すと、ルールを保存できます。

メッセージからルールを作成

既に届いたメッセージからルールを作成する方法です。

STEP 1

メール選択
メール一覧画面の中からメッセージを選択します。

STEP 2

メッセージ、ルール作成
上部メニュー[メッセージ]の中から[メッセージからルールを作成]を選択します。

STEP 3

メッセージからルールを作成
新規ルールの設定画面となります。このとき、条件の中にSTEP1で選択したメールの送信者が「1.ルールの条件」に選択されています。アクションなどは自分で設定する必要があります。新規作成の時と同様に、条件、アクション、説明、名前を決めて[OK]を押しましょう。

メッセージルール管理画面

メッセージルールを管理するウィンドウ画面の項目の説明です。

メッセージルール使い方コラム

細かい使い方については、各ページに設けたコラムを参考ください

迷惑メール対策に活用しよう

メッセージルールを活用すれば、大量に送られてくる迷惑メールの処理をある程度自動で行なうことができます。送信者、件名、メッセージ本文などのルールを利用すれば、大量に来る迷惑メールの仕訳けを自動で行なうことも可能です。迷惑メール対策に、メッセージルールを活用しましょう。

ページ先頭へ戻る

【迷惑メール対策】
迷惑メール対策の基礎知識 | 受け取った迷惑メールの対策 | 迷惑メールを受け取らない為の対策
メッセージルールを活用した対策 | 送信者で振り分ける | 件名で振り分ける | メッセージ本文で振り分ける
送信者を禁止する | メール設定(セキュリティ設定part1) | Outlookセキュリティ設定part2
無料ウィルスソフトなどを活用する | OP25Bについて | フィッシング詐欺について | ワンクリック詐欺について
迷惑メール関連用語集