迷惑メール対策の基礎知識

迷惑メール

Outlook Express のメッセージルール機能を使用すると、特定の単語を本文に含むメールについてフォルダの移動や削除などをさせることが可能だわ。この機能を活用すれば、メッセージの内容によって受信メールを振り分けられるし、ある程度まで迷惑メールを防止することができるわね。

本文で振り分ける迷惑メール防止法

メッセージルールでは、メッセージ本文に特定の単語が含まれる場合に削除する設定が可能です。迷惑メールに多い単語を登録しておけば、迷惑メールをフィルタリングすることができます。但し、多くの場合は迷惑メールの振り分けが楽になるのですが、「ある」か「ない」かの方法なので迷惑メール以外のものが条件にひっかかってしまうことが無いとも言い切れません。(大手サービスなどでは、メッセージにスコアをつけるなど多角的な方法でフィルタがされています。)

自動である程度振り分けて、最後は手動でチェックする、というのがよいでしょう。その為には、アクションは取り替えしがつくものを選ぶとよいです。「削除する」のアクションでは、「削除済みアイテム」フォルダに移動されるので、完全に削除される前に一度確認することができます。

本文の振り分け設定方法

Outlook Expressの本文での振り分けルール設定方法をご紹介します。

STEP 1

ツール、メッセージルール、メール
[ツール]‐[メッセージルール]‐[メール]を選択します。

STEP 2

メッセージルール管理画面、新規作成
メッセージルール管理画面で、[新規作成]を選択します。

STEP 3

メッセージを条件
新規のメールルール設定画面で「1.メールの条件」から「メッセージ本文に指定した言葉が含まれる場合」にチェックを入れます。

メッセージの説明
「3.ルールの説明」に「件名に指定した言葉が含まれる場合」という文章が追加されますので、アンダーラインが引かれている「指定した言葉が含まれる」の部分をクリックして条件となる件名を設定します。

STEP 4

単語の入力
「単語の入力」という画面が開きます。

メッセージ本文の中を検索する単語を入力します。「および」「または」のいずれかの条件をつけて複数個の単語の追加が可能です。単語の追加が完了したら、[OK]を押します。

オプション
尚、[オプション]ボタンを押すと、その単語を「含む場合」「含まない場合」や、すべての単語について「および」あるいは「または」の条件の設定ができます。

「および」「または」の意味については別ページのコラムをご覧ください

条件の「および」「または」の違いは?

STEP 5

メッセージのアクション
次に、「2.ルールのアクション」の中から、条件に当てはまった場合のアクションを設定します。ここでは仮に「削除する」を選択します。

アクションを設定したら、「4.ルール名」をつけて、「OK」を押します。

STEP 6

本文ルールの確認
メッセージルール管理画面に戻りますので、ルールが追加されたことを確認してください。

「ルールの処理を中止する」とは?

ルールの処理を中止する

アクションの中に「ルールの処理を中止する」という項目があります。このアクションはメール ルールを複数登録しており、ひとつのメールが複数のルール条件にあてはまるような状況を考えたもので、ひとつのルールの条件が当てはまった時に、他のルールについて判断するかどうかを処理します。ルールはメッセージルール管理画面で並んでいる順(上から)で処理され、その順番は[上へ][下へ]のボタンで変更可能です。

ルールの処理の流れ

具体的に表すと、「ルールの処理を中止する」を実行する場合としない場合の処理について上記のようになります。

ページ先頭へ戻る

【迷惑メール対策】
迷惑メール対策の基礎知識 | 受け取った迷惑メールの対策 | 迷惑メールを受け取らない為の対策
メッセージルールを活用した対策 | 送信者で振り分ける | 件名で振り分ける | メッセージ本文で振り分ける
送信者を禁止する | メール設定(セキュリティ設定part1) | Outlookセキュリティ設定part2
無料ウィルスソフトなどを活用する | OP25Bについて | フィッシング詐欺について | ワンクリック詐欺について
迷惑メール関連用語集