OP25Bについて

迷惑メール

OP25Bは、Outbound Port 25 Blockingの略称で、日本語で「25番ポートブロック」と呼ばれることもある。増加する迷惑メールの対策の為に実施されたものだが、その分、利用に際して多少問題も発生する場合があるんじゃ。一体どのようなことなのか、説明するぞ。

OP25Bとは?

迷惑メールの対策になるというOP25Bとは、いったいどのようなものなのでしょうか。まず、「25」とは25番ポートのことです。25番ポートとは、メールの送受信に使われるポートの番号で、このポートのアウトバウンド、具体的にはプロバイダ(ISP)のメールサーバを経由せずに外へ発信することをブロックするのがOPB25です。

プロバイダが自サービスの加入者からのメールであれば、管理・監視できますし、違法なメールであれば解約などの処理もできます。迷惑メールの送信業者は、自分のプロバイダのメールサーバを使用せず、他のメールサーバから迷惑メールを送信しようとします。そのため、OP25B導入前のプロバイダは自社の加入者のメールを管理できないのです。そこで、そういった自プロバイダのメールサーバを介さないメールの送信(つまり25番ポートの使用)をブロックし、迷惑メール対策としたのです。

OP25B導入前

OP25B導入後

また、OP25Bには、ウイルスに感染したパソコンから図らずも外部メールサーバへスパムメールが送信されるということもブロックします。ウィルス感染による迷惑メールの爆発的増加も防ぐ役割があります。

OP25Bで問題となる点

実際に迷惑メール撃退に効果があったOP25Bですが、利用している一般ユーザにも影響が出るという問題点があります。自分のプロバイダから提供されているメールアドレスを使う場合に限れば影響は無いのですが、他社のプロバイダのアカウントや、会社や学校のアカウントを使用しようとした場合もブロックされてしまいます。プロバイダがOP25Bを導入し、今まで出来ていたメール送信がある日突然、送信できない、というトラブルが各地で起こりました。

正規利用の為の対策

OP25Bでメール送信ができなくなる問題に対する対策として、代替として587番ポートを使用するという解決策があります。587番ポートでは「SMTP-AUTH」と呼ばれるユーザの認証を行なうことが必要となり、メールサーバ側で正規なものかを判断することができます。また、25番ポートか587番ポートの通信かによって、メールソフトからの送信なのか、他のメールサーバからの通信なのかを判断することができ、不正ユーザの特定が可能となる訳です。

587サブミッションポート

587番ポートを使用するには、送信先のメールサーバが587番ポートの使用に適用していることと、認証を送るためにメールソフトの設定の変更が必要となります。具体的には、SMTPのポート番号を587番に指定し、プロバイダの指定するSMTP-AUTH を設定することになります。但し、587番ポートやSMTP-AUTHの設定方法は使用する各プロバイダにより異なりますので、自分のプロバイダのホームページなどでメールソフトの設定手順を確認してください。

メール受信への影響

OP25Bは外部への送信をプロバイダがブロックするものですので、外部からのメール受信については影響ありません。

なぜ、外方向のみをブロックするのかというと、25番ポートを使用して入ってくる情報では、その情報がメールサーバから中継されたものなのか、メールソフトから送信されたものなのかを判断できないので、容易に禁止することができない為です。

webメールへの影響

自分のプロバイダのメールアドレスではなくでも、ブラウザ上で使用するメールシステム、つまりwebメールについては影響ありません。

Webメールを使用してメッセージを送信する場合は、そのメールサーバにアクセスするのは25番ポート以外のポートであるため、ブロッキングの範囲対象外となる訳です。

OP25Bまでの歴史

最後に、OP25B導入に至るまでの迷惑メール対策の歴史を簡単に紹介します。当初のメール送受信のシステムでは、メールサーバからメールサーバへリレー方式で文章を届けるものでした。但し、悪質な業者がこの方法を利用して、迷惑メールを送り始めると、リレーで中継する方式では出所が隠れてしまい、対策がとれなかったのです。そこで、まずメールサーバの中継を禁止しました。例えば、AからBへメールを送る時に、A→C→Bとするのを止めようと決めたのです。Cの用に、中継ができる設定のサーバをリスト化して、Bもリストの中のサーバからは受け取らないと決めました。

これにより迷惑メール業者の締め出しを行なったわけです。しかししばらくして、悪い人間が新しい方法で迷惑メールを送る手法をとり始めました。それはAのパソコンにウィルスを感染させ、遠隔操作でBに迷惑メールを遅らせるという手法です。このような不正なメール送信を防止しようと導入されたのがOP25Bということになります。

ページ先頭へ戻る

【迷惑メール対策】
迷惑メール対策の基礎知識 | 受け取った迷惑メールの対策 | 迷惑メールを受け取らない為の対策
メッセージルールを活用した対策 | 送信者で振り分ける | 件名で振り分ける | メッセージ本文で振り分ける
送信者を禁止する | メール設定(セキュリティ設定part1) | Outlookセキュリティ設定part2
無料ウィルスソフトなどを活用する | OP25Bについて | フィッシング詐欺について | ワンクリック詐欺について
迷惑メール関連用語集